キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪は誰が買わなくちゃいけないの? : 結婚指輪のもう迷わないガイドブック
結婚指輪のもう迷わないガイドブック

結婚指輪は誰が買わなくちゃいけないの?

「結婚指輪」の事に関する情報サイトです。
結婚指輪は、男性と女性が二人で購入するものといわれていますが、二人で話し合って購入すれば誰が負担するのでも良いのです。

結婚指輪は誰が買わなくちゃいけないの?

結婚指輪は結婚した二人が左手の薬指に付けるもので、結婚式の準備を始めた段階で、いろいろ選んで購入するものなのですが、結婚指輪って誰が買う物なのでしょうか?結婚指輪というのは、基本的に男性と女性が二人で選んで、二人で購入するものです。

具体的にいえば、ペアで一緒に購入するとしても男性は女性の結婚指輪の費用を、女性は男性の結婚指輪の費用を負担して贈り合うというのが一般的の様です。

【おすすめページ】→結婚指輪は花嫁も負担するのが常識!? ライブドアニュース

でも、これは特に決まりという訳でもなく、中には男性が二人の分を支払うという場合もある様です。

結婚指輪の平均価格というのは、二人の指輪の価格を合わせて20万円くらいと言われています。

二人の指輪は同じ価格というのではなく、多くは女性の方が、宝石が施されたりなどもして、男性の指輪より少し高めになっていることが多いです。

結婚するときというのは何かとお金がかかるものです。

計画的に結婚資金を貯めていたとしても、思っている以上に費用がかかってしまうということもあると思います。

結婚指輪の予算については先に二人で話し合っておくといいでしょう。

どちらかが無理をするとかガマンをするというのではなく、それぞれが贈り合うのでもよし、どちらかが用意するのでもよし、二人で話し合って購入すれば、結婚指輪はそれで良いと思います。

また、結婚する時にどうしても予算が無い時は、とりあえず予算内のものを用意して、後に改めて買い直しをするというのも良いと思います。

Copyright (C) 結婚指輪のもう迷わないガイドブック. All Rights Reserved.