キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪は金がいいの?プラチナがいいの? : 結婚指輪のもう迷わないガイドブック
結婚指輪のもう迷わないガイドブック

結婚指輪は金がいいの?プラチナがいいの?

「結婚指輪」の事に関する情報サイトです。
結婚指輪の素材に多く使われる金やプラチナ、どちらがいいのかといえば、肌の色や好みに合わせて選ぶといいでしょう。

結婚指輪は金がいいの?プラチナがいいの?

結婚指輪といえば、金やプラチナの結婚指輪をよく見かけるし、雑誌などで紹介されているのも金やプラチナ素材の物が多いですよね。

金とプラチナ、見た目ではかなり違いがありますが、実際にはどちらがいいのでしょうか?金とプラチナのどちらが良いかと言えば、その答えは二人の好みで選べばいいということです。

金とプラチナの素材の結婚指輪は多いのは、それぞれの素材が結婚指輪に適しているとされているからで、ですから、素材としてどちらがいいかという差はそれほどないということです。

金といえば、やはり少しきらびやかな印象になります。

マットな加工などをすれば、派手さは抑えられますが、指での存在感はかなりあると思います。

プラチナに比べるとゴージャスな印象があるでしょう。

肌の黒い人や手の大きい人などに似合う素材だと思います。

また、最近ではホワイトゴールドやピンクゴールドという金も注目されています。

ホワイトゴールドというのは、金でありながら白色をしているので、プラチナに近い印象があり、かつプラチナより安価であるので人気があります。

ピンクゴールドは赤みのある金なので、少し柔らかい印象になります。

ピンクゴールドの場合は、肌色に似ているので色が白い人でも違和感無くはめられます。

プラチナは落ち着きのある銀色で、日本人の肌色にもとても良く似合うといわれています。

普段アクセサリをつけ慣れていない人などは、プラチナだと派手すぎず、肌に馴染んだ感じになるでしょう。

Copyright (C) 結婚指輪のもう迷わないガイドブック. All Rights Reserved.